最近のトラックバック

« 自転車乗りの背中 | トップページ | *☆* ご案内 *☆* »

2009年5月 1日 (金)

ロードバイクの事故で友を失う

昨日、突然連絡があった。
同じ会社の友達がロードバイクで走ってる途中で亡くなったと。

詳しい事故の状況は人づてに聞いた話なので正しいか分からないけど。

ロードで野呂山山頂から野呂川ダムへ抜ける下り坂を走った時、
何らかの事故で投げ出され川に転落したそうです。
その衝撃で背骨を折り脊髄を損傷し、
地元の方に発見され病院へ運ばれたものの命は助からなかった。
調査の結果、単独での事故との事。

同期入社の友達で深い付き合いはなかったけど、
彼も私と同じく自転車通勤をしており会社の風呂場でよく会う仲でした。
私と同じ時期(昨年末)にロードバイクを注文し、一足早くデビューしてました。
「お前のロード、まだこんのか?」
「(私のロードが)来たら一緒に走ろうや」
など声をかけてくれ、
職場の方とも自転車で走りに出られていたとか。
乗り始めて数カ月、一番楽しい時期だったと思います。

どうしてこんな事故に遭ったのか。

何かが飛び出して避けきれなかったのか、
道路に石や段差があってタイヤを乗り上げたのか、
操作を誤ったのか故障か。
乗り慣れたこの時期、冒険心や気の緩み、不注意があったのか。
どういった経緯で事故が起きたのか分かりませんが、
10m以上も離れた場所に遺体があったと言うのだから、
かなりのスピードが出ていたのでしょう。

私と同い年、そして同じ時期にロードを始めようとした友人、
胸が痛くてやみません。

名誉のために補足しておきますが、
彼は実業団でスポーツをしていたアスリートでした。
一線を退いたとはいえ、今でもトレーニングを怠らないガッチリとした体格。
反射神経、導体視力は私のような一般人とは比較にならなりません。
外傷はほとんど見られなかったと聞きました。
落車した時の打ち所が悪かったのでしょう。

まだ乗った事もない素人が言う資格なんて無いのかも知れません。
でも言わせてください。

ロードバイクは早く遠くに走るだけでなく、
色んな危険予知を頭の中に浮かべながら走るスポーツです。

ロードを初めて購入された方へ、自分がビギナーと思う方へ。
知り合いの方でも、買ったお店でも、雑誌でもいいので知ってください。
ロードで走れる路面の状況と把握
対向車、後続車の確認。
路肩に止まっている車の側を通るときに注意すべき箇所。
交差点を走るときに危険予知すべき箇所。
どのくらいのスピードで、どういったライン取りでカーブを曲がればよいか。
急ブレーキのかけ方やその体制。
そういった安全なロードの乗り方について一度勉強して下さい。

自転車保険というのがあります。
自分が怪我した時、誰かを傷つけた時
そういった万が一のために入る事を奨めます。
家族を持つ方なら特に。

自分の限界、マシンの限界も知ったうえで無理をせず走ってください。
楽しい自転車ライフ、人生があるのも5体満足あっての事ですから。

   

今日の夕方、家族で事故のあった現場へ行ってみました。
車が一台通れるだけの道幅でガードレールが無く
路面は一応舗装されているものの、砂利や段差などが目立ちます。
側にある川は、大きな岩がゴロゴロとしていました。
花束の置かれた場所、現場の状況から察するに、
カーブのところで何かがあり、そのまま川へ飛び出したものと思います。

心から彼のご冥福をお祈りすると共に、
二度と同じような事故が起きない事を心から願う次第です。

« 自転車乗りの背中 | トップページ | *☆* ご案内 *☆* »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ご冥福をお祈りいたします

JUNさんの知人の方だったんですね

今朝新聞を見て本当に気をつけないとと思いました

自分でも何度もヤバイと思うことがありその都度今後の課題として行動してます

仕事場でも、自転車乗るなら気をつけんととみんなに言われました

ロード出る時は、元気に出て元気に帰る

これが一番でしょう

U☆1さん

こなき師匠やHideさんもご存知の方でした。
35歳という年齢で、仕事も生活もこれからって時にホント残念でなりません。

彼の死をムダにしないためにも、ロードが来たらまずは基礎からしっかり勉強しようと思ってます。
これからも色々と教えてください。>先輩方

初めまして
グーグルの検索で偶然ニュースを知りました
何年か前島根県のレースの最中、やはり橋の欄干から川に転落して選手が亡くなる事故がありました
自分はトライアスロンですがトレーニングはソロで行う事が多く、それゆえ事故には十分気をつけてはいますが・・・
また明日もマラソンの参加で音戸までバイクです
先日も岩国まで単独行しましたが幹線道は交通量が多く大変危険も感じました

今後ともお互い気をつけましょう

初めましてながら長文失礼しました

 そうでしたか。。友を失うなんて、お辛いでしょう。。

 今日も安浦の自転車屋さんで、そのお話になり、一人で走りに行くより、二人で行くほうがいいですよと、言われました。
 

 楽しさや、健康面でのメリットばかりを考えていましたが、考えさせられました。
 明日仕事帰りに、お参りさせて頂こうと思います。

マルガリーダさん

初めまして
島根県の事故はレースは石見ライドですよね。
ブログを拝見しましたが、マルガリーダさんはトライアスロンされているようで。
人間の限界に挑む過酷なスポーツですよね。
いくら自信があっても、気をつけていても、人の行動や思考に絶対は無いと思います。
危険は向こうからやってくる場合もありますから。
安全にはくれぐれもお気を付けください。

赤白トレックさん

私、彼を広町.com自転車部に誘ってたかもしれません。
一緒に走ってたら、きっとそうしたと思います。

こなき師匠とも色んな話をしました。
あの道は昔一度だけ走ったけど、パンクした事もありそれ以来走ることは無かったそうです。
私も実際に見てきましたが、ロードでスピード出して走るには、厳しい路面だと思います。
初めて走ったコースなのか分かりませんが、誰かと一緒に走るとか、予備知識があったなら10m以上も飛ぶような事故をする事は無かったのかもしれません。
今となっては事故の真相は分かりませんが…。

コメント遅くなりました。

具体的な場所が良く分からないのですけれど、そんなにハイスピードになれるような道では無いと思っていたのですけれど、何か小動物でも飛び出したか、ハンドル操作かブレーキ操作を誤ってしまったか、ほんの一瞬わき見してしまったのか…
推測は尽きません。

しかし彼の死を無駄にしないよう、私ら現役で乗っている者達は自らが安全に走ると共に、周囲に対して「スポーツバイクってのは、こんな風に乗るものなんだよ」って、ある意味カッコ付けて正しいバイク乗りをアピールして行く必要があると考えます。

ですので、私は信号と言う信号、どんな小さな交差点でも必ず止まりますし、後方確認、ハンドシグナル、一旦停止、徐行…
自らの安全のため以上に、周囲のドライバー達に見せ付けるようにライドしてます。

自転車部メンバーも、自らのライドに心理的余裕が持てるようになってからで良いですから、これらのことを心がけて欲しいと思ってます。


元来のスポーツマンであり、広町.com自転車部にもいつかは迎えたかった方です。
ご冥福を祈るばかりです。

こなき師匠

今となっては「憶測」や「~たら」「~れば」ばかりです…。

自転車後進国である日本では、ママチャリの延長線上にロードバイク(スポーツバイク)が存在し、
こなき師匠の言う「バイク乗りの正しい知識」を持たずに走っていたり、
知ってはいるけど(恥ずかしくて)やってないって方が多いんじゃないかと思います。
原油高による自転車ブームで、日本でもスポーツバイクが飛ぶように売れていますが、ルールや安全に関するハード・ソフト面の整備が追いつかない。
それが今の現実じゃないかと思います。

mixiで自転車通勤に音楽を聴きながら走るか?アンケートしてました。
いつも聴きながら乗っている23%
たまに聴きながら乗っている13%
4割近い方が、自らを、誰かを危険にさらしているという現実をどう思いますか?

確かに、i-Podや着うたの流行で、ヘッドフォンで音楽聴きながらままちゃり乗っている人って多いね。

自ら危険な方向に向かっていると言うことを認識できていないのが、私らからすれば悲しいよね。

高校生を中心に、ヘッドフォン、ケータイ、並走、逆走、信号無視、雨の日の傘差し…
挙げればキリが無い。

それらの根源は「自転車は車両である」と言うことの認識の無さ。
無謀運転の高校生見ると「勉強教える前に、一般常識教えろや!!」って思います。

こなき師匠

同感です。
微分積分を一生懸命覚えるより、一般常識を学ぶ方が社会に出てよほど役に立つと思います。

私もただ自転車の楽しさばかりを伝えるだけでなく、ルールの大切さや事故の恐さについても、会話やブログを通じて伝えていければと思います。

今日事故現場にいってきました。面識はない方でしたが、JUNさんと友達で、同じ自転車乗りで、同じショップで購入されたと聞きき。手を合わせに、来させて頂いた事を伝えました。
さぞ無念で、痛かったり、怖かったりされたでしょうが、ゆっくりお休み下さいとお声をかけて帰りました。

赤白トレックさん

そうでしたね。
彼はTREKに乗られてました。
私も事故現場に花とビールを添えてきましたが、現場から察するに川へ飛び出した先にある大きな岩で背中を打ちつけたのかもしれません。
なぜ川へ飛び出したのか分かりませんが、不運が重なった事故だったと思います。
発見されるまで川の水で体は冷え、さぞかし辛かったでしょうね。

当の本人も何が起こったのかわからないままだったかもしれませんね

自転車通学の高校生によくiPodの使用、使うなとは言いませんが、せめて音量を下げるなどの自己防衛も必要と思われます。

本当に心よりご冥福をお祈りします

のんさん

初めまして。
私はママチャリでも音量が小さくても、音楽を聞きながら乗って欲しくないです。
自転車は視覚と聴覚を使って周りの状況を把握する乗り物で、その一つをふさぐ事は自らを危険にさらす事になりますし、いくら音量が小さくても音楽に気を取られ、集中力は間違いなく落ちますし。
彼の死を無駄にしないためにも、安全に乗る事の大切さを自分も勉強し、それを人に伝える事で二度と悲しい事故が起きないよう、少しでも役に立てたらと思ってます。

今日、現場を通りました。先日メールをしていましたが。ガードレールが設置されてました。
今日は日没後でしたので、現場付近はよく見えませんでした。
少し上流から、蛍が舞い、綺麗な清流のせせらぎが聞こえていました。

しかし、それから少し行くと、爆音とヘッドライトが見えましたので、余裕を持って停車して、横へ避けてましたら、シビックTYPE Rが疾走されて行きました。。。
彼の事故の時何があったか分かりませんが、のどかな道も一瞬で危険な場所になるんだなって思いました

ご友人を亡くされたことは心中お察ししますが、
ロードレーサー自体が社会の迷惑だということも気付いてください。

法律を守っているから迷惑でない?
車が通ることしか想定されていない道路を走り、
「車が自分たちに気を遣ってどくのが当たり前!」と
いわんばかりの危険運転をする輩が如何に多いことか。
電車で馬鹿騒ぎするのは合法ですが、非常識でしょう?
大通りを20km/hで走行する自動車は、合法ですが非常識でしょう?

趣味orショウビジネス以外では不要なものなんですから、
車のあまり通らない、見通しの良い、舗装された田んぼ道でやればいいでしょう?
レーシングカーのように、お金を払ってサーキットを走ればいいでしょう?

今回の事故が自動車との接触であれば、
車のドライバーの人生をぶち壊しにしてしまっているんですよ?
そのことには心が痛まないのでしょうか?

長らく更新されないブログ・・・ 気になりちょっとのぞいてみたら・・・

あなたの方がよっぽど ”非常識” ですよ!
特に最後の三行には人格を疑います。

危険な運転をするのはオートバイや自動車使用者の方がはるかに多いし、一般の自転車利用者となると数十倍は多いですよ。
たしかにかっこばっかりバシッと決めていてもマナー悪く腹の立つヤツは同好の者から見てもいますけどね。
最後の三行・・・ この事故が自動車との事故だったら・・・
その自動車の運転者は、重傷を負った負傷者を救護し救急車を呼ぶことも無く、もしかすると負傷者を渓流に投げ捨て、その場を立ち去って今ものほほんと生活しているってことなんですよ。 そんなヤツの人生を想って、亡くなった人に心を痛めろって言うのか!?

亡くなった自転車の方にはもう、ぶち壊す人生すら有りませんがな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517420/44864276

この記事へのトラックバック一覧です: ロードバイクの事故で友を失う:

« 自転車乗りの背中 | トップページ | *☆* ご案内 *☆* »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

jun_928C2C

無料ブログはココログ