最近のトラックバック

« 離乳食教室 | トップページ | サイコン取付け(inこなき亭) »

2009年8月28日 (金)

間違いだらけの…(第1章)

今日は午後から雨の予報でしたので、久々にバス通勤。

で、ようやく読み始めましたよ。( ̄▽ ̄)
エンソ早川 著「まちがいだらけの自転車えらび」

Img_1121

まずは第1章。
「知識がないのに量販店にロードバイクを買いに行くという愚行」(しかまだ読んでませんw)

       

おそらく、まだ序章に過ぎないのでしょうが。

グサッと突き刺さりました。(;´Д`A ```

いや、ワタシの場合、ロードではなく通勤用のクロスバイクの方ですが。
(カーボンバイクが25万円で買えるなんて…という箇所は置いといてw)

2年ほど前「ダイエット」を目的に、通勤用の自転車を某サイクルショップで購入しました。

当時、ロードとクロスの違いも知らず。
自転車が年に一度モデルチェンジする事も知らず。
(ワタシが購入したクロスバイクは、当時2年以上前のモデルでした)

そして、サイズを全く気にせず。( ̄◆ ̄;)

クロスバイクだから、あまり関係なかったのでしょうか。
そこの店主はサイズの事は何も教えてくれませんでした。
長らく在庫に眠ってた、この自転車を売り払う事を考えていたのでしょうか?> 売る時は、あれこれいい事ばかり言う店主さん。

結果、ショップに置いてある完成車を、

デザインだけで選ぶ愚行に…。

購入したクロスのフレームサイズは470mm
ワタシの身長は177cmです。

精通している方ならこの数字を見てすぐ分かると思います。

明らかにフレームサイズが小さい事がw

470mmのフレームなら、165cmくらいの身長の方が乗るサイズです。

ワタシも、当時は自転車通勤といってもママチャリの延長線上で、とにかく楽に走れたらいいという感覚でしたので、単なる移動手段でしか考えてなかったのですが。

ロードバイクに興味を持つようになってから、クロスでも早く安全に走りたいと考え、ヘルメット、グローブを購入し、ペダルもSPDへ。

サドル高やハンドル位置なども意識するようになり、休日を利用して長距離を走るように。

通勤コースも、トレーニングを兼ねて、休山トンネルから呉越えに通勤ルートを変える。

すると、腰に激しい痛みが出てくる。

明らかにフレームサイズの小さい事が原因でした。

少しでもサイズを合わせるため、長めのステムへの大幅な改造に着手したりと、色々と金も使い楽にはなりましたが、それでも未だに腰の痛みから開放されてませぬ。

それでも、今のクロスバイクは愛着があり気に入ってます。

ただ、何も知らず、何も考えず、買った事は今でも後悔しています。

唯一の救いは、そこの店長、技術だけはしっかりしてた事。
ですので、何かしらのメンテや調整が必要な時は利用させてもらってますw

   

スポーツバイクを購入するために大切なこと。

まずはショップ選びから。

ショップの店主がちゃんとした知識と技術を持っているか。
アフターケアがしっかりしているかを。

買い手が知ることが大切です。

自転車屋さんで聞けば教えてくれますし、その会話からしっかりとしたお店かを知ることも出来ます。
もちろん事前にママチャリとは全く違うことを勉強しておきましょう。
(エンゾ氏の売り手、作り手としての姿勢とこだわりに、とても感銘を受けました)

    

ワタシもよく、量販店に置いてあるロードバイクを眺めたりします。
確かに安いです。
が、はっきり言って、

そこ(量販店)でロード買う価値ありません。

フレームであったり、ディレラー(変速機)やタイヤ、ワイヤーに至るまでの細かい部品であったり。

安いモノにはそれなりの理由があるのです。

この本に書かれている内容がホントなら。
そこにある自転車は

アルバイト君が適当に組み立てた

モノかもしれませんよ。

さて、これから、
第2章「インターネットで自転車を買うという愚行」
へ読み進めるわけですが。
これに関しては、何も言うことはありませんね。

   

最後に一言。
いつか「おまかせ」で買ってみたいゾ、ロードバイク。
(無理×2sweat01

   

広島ブログ
一日一回ポチッとしてもらえると嬉しいです。

« 離乳食教室 | トップページ | サイコン取付け(inこなき亭) »

自転車」カテゴリの記事

コメント

 初心者がサイクルショップを訪れる時、知識も経験もなく、何を選べばよいのかわかりませんもの、普通は店主さんのアドバイスをもらいながら、考えようって思うと思います。>私はそうでした。
 専門店に訪れる=自分に合わない物は売るはずはない。これって基本だと思います。
 例えば、靴の専門店に行って、サイズや用途に合わない靴を勧められるカモしれないから、知識を詰め込ん予習しないといけない・・・なんて有り得ないですよ
 ショップの展示モデルを購入した方で、サイズ合ってないなって感じる方他にも聞いたような気もします。
 サイズが適正でないことを知っていて、売ったにせよ、適正でないことに気づかず、売っていたにせよ、ショップとして、いかがな物かと憤りを感じてしまいます。
 
 楽しみに買ったバイクに難しそうに、乗るなんてあってはいけないって思います。
 それは買い手ではなく、売り手の問題って気がします。

☆赤白トレックさん
クロスはそこまでシビアでなくともいいのかも知れませんが、ロードのサイズ違いはホント致命的ですよね。

近年の原料高騰&メタボブームで飛ぶように売れる自転車業界。
儲けが少なくとも、いかに良いモノを提供するか。
ではなく、とにかく数売って儲ける。
そういう現実が、今の量販店であったり、ネット販売であったりするのでしょうね。

一方で、それに振り回される無知な買い手も、値札だけで全てを判断。
スポーツバイクは家電製品じゃないっつうの。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517420/46052112

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いだらけの…(第1章):

« 離乳食教室 | トップページ | サイコン取付け(inこなき亭) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

jun_928C2C

無料ブログはココログ