最近のトラックバック

« プレゼント | トップページ | まつとら »

2010年1月 7日 (木)

話す事


メールって便利ですよね。

私もよく使います。

会社では、パソコンを使った仕事が多いので、仕事の依頼や用件などメールでのやり取りが多いのが実情です。

ただ、急ぎの仕事や、文字だけでは伝える事が難しい内容、こちらの真意を伝えたい時などは、電話や会って話をする事も多々あります。

メールってしょせん「文字」ですから。

「文字」から伝わる「言葉」って限界がありますよね。

もちろん、面と向かって口では言えないような事を伝えられるという、メリット(?)もあるようです。

最近の中高生は、相手に自分の好意を伝える手段として、メールを使うそうですね。

ワタシらの学生時代とは全く違う世界があるんでしょうな。

   

私も携帯でメールを使うことは多いです。

相手は仕事中だろうから、休憩の合間や仕事が終わってからでも返事してもらえればいい時などはメールの方が便利です。

私自身も、特に子供を寝かせつける様な時などでは、急ぎの用事でない限り電話よりメールの方がありがたい場合もあります。

すぐに返事が必要のない時や、相手に考えてもらう時間を与えたい時などにもメールを使います。

ただ、前途の通り、「文字」から伝える事ができる「言葉」には限界があるって事。

自分の気持ちを伝える時、それを「文字」にしようとすると真意が隠れてしまう場合もあるって事。

文章を書く(打つ)時には、心の中で言葉をオブラートに包んで表現したり、一度書いた文章を書き換えたり、削除したり。

送信するまでに何度でもやり直しができますから。

そして、同じ「文字」でも受け側の捉え方によっては、送り主の真意と違った解釈をしてしまう可能性があるという事。

「文字」だけで気持ちを伝え、コミュニケーションを成立させる事はなかなか難しいですよ。

   

自分の口から言葉にして伝える事、「話す事」って大事だと思います。

メールよりも電話、電話よりも会って話をする。

それでコミュニケーションが成り立ち、相手との距離も近づく。

なにげに相手を傷つけてしまったり、感情的になったり、喧嘩したりもするかもしれません。

口から出る言葉には、「文字」のように書き換えたり、削除する事はできません。

けど、それで嫌になる相手なら、それはそれまでの付き合いなだけ。

上司や部下、顧客、家族や親戚など、良い関係を構築していかなくてはいけない場合もあります。

よい関係を構築したいと思う、その気持ちがあるのなら、それこそ「話す事」が大事なのかと思います。

「文字」に頼るだけでは、お互いの距離を縮める事はできないでしょう。

相手の事を大切に思って言った言葉なら、それが傷つく表現であったとしても、仕草や表情を見たら理解できる事もあるでしょう。

理解できなければ、その時素直に聞いてみればいいじゃないですか。

自分がどう思っているか、どう感じたか伝えれば、相手も理解してくれるはず。

「話す事」は「文字」だけでは表せない、大切な気持ちを伝える、相手の事を理解する事のできる、重要な機能だと思います。

   

 

って、えらそうなこと書きましたね。

私自身が出来ているのかと問われると、結構出来てなかったりもします。

書きながら、自分も反省しないといかん、と勝手に思ったりしましたが。

ここ最近思った事を、素直に「文字」にしてみますた。

もちろん、オブラートに包んで、書き換えたり、削除したりwww

うーん、文章って難しい…。(;;;´Д`)

   


   

広島ブログ
一日一回ポチッとしてもらえると嬉しいです。

« プレゼント | トップページ | まつとら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コミュニケーションツールじゃからね。
道具やから使い方次第なんだけれど、ワシらネイティブ昭和と、生まれついてメールが出来る今の若い世代では考え方も使い方も違うんじゃと思うよ。

ひょっとしたら、彼らは気持ちの微妙なニュアンスも伝えることが出来る能力を備えているのかも知れん。

☆こなき師匠
私も中高時代は、家のコード付き電話で玄関でコソコソ、寒さに耐えながら使ってたもんです。
「いつまで電話してんのっ!!??」って親にしかられながら。

確かに便利なツールなのでしょうが、それを当たり前の様に使う事で、相手に自分の気持ちを伝える事、話す事が苦手になるような気がします。

余談ですが、TV会議も苦手です。
集まって行う会議と比べ、議事が定性的にしか進まず、思うような議論が出来ない場合が多いです。

いや~、誠その通り!
全く同感です!!

コメントも、そんな気持ち無くても相手を
傷つけたりしてるかもしれませんね。
もし私のコメントでそのような事があっても、
悪い気持ちはありませんので、ご了承を!

僕もそう思います!
相手の声のトーンであるとか、目を見て、表情をみて、話をする事も大切だと思います!
文字だと表情など分からず、一方的になってしまいますもんね~

☆kanさん
こうしたブログの記事もコメントも文字の世界。
相手の立場を考えた、言葉の使い方に気をつけないといけませんよね。

あ、今までのコメントで一度も傷ついたりした事ありませんのでご安心を。wink

☆chamaさん
聞き手の表情や反応で、相手の気持ちを読み取る事もできますし。

それが思いやりにも繋がる事なのかなと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517420/47227772

この記事へのトラックバック一覧です: 話す事:

« プレゼント | トップページ | まつとら »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

jun_928C2C

無料ブログはココログ