最近のトラックバック

« シート | トップページ | お誕生会(その1) »

2010年2月13日 (土)

豆苗

Wikipediaより。

豆苗(とうみょう)はエンドウの新芽。

元々は、大きく成長したエンドウの若芽を摘んだもので中華料理の高級食材だったが、最近は豆から発芽させたスプラウトが主に販売されている。

栄養:豆苗は、カロテンを100g当たり4700μgと豊富に含む。その他にもビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCも豊富に含む。

食べ方:炒め物やスープなど加熱料理に使われることが多いが、生でも食べられる。豆の香りとシャキシャキの歯ごたえで人気。アクが少ないため、下ゆで等の必要はない。

再生野菜 :スプラウトとして根付きで販売されている豆苗は、上部を切り取った後に残る根を水に浸けておくと、徐々に芽が伸び、再収穫することが可能。水だけでも2~3回繰り返し収穫することができる。

メディアでの取り上げ:2008年8月7日の「とんねるずのみなさんのおかげでした『食わず嫌い王決定戦』」で、温水洋一が好きなメニューとして「豆苗炒め」を紹介した。(対戦相手は相武紗季)

   

我が家でも、ちょくちょく食卓にあがる豆苗(とうみょう)。

安いし、下ごしらえの手間がかからないので、食卓にもう一品欲しいときに活躍してくれます。

うちはベーコンと一緒に炒めたりしますね。happy01

実は、再収穫が出来ると知ったのは、女社長さんのブログを拝見したのがきっかけ。

その事を、なったん(嫁さん)に話すと早速やってくれました。

Dsc_0406

ちなみに、水につけて4日目くらいの写真。

Dsc_0410

数本、伸びてます。

これからもっと育つのかしら~。note

      

広島ブログ
一日一回ポチッとしてもらえると嬉しいです。

« シート | トップページ | お誕生会(その1) »

生活」カテゴリの記事

コメント

ウチの食卓にも度々登場します
再収穫出来るってのは楽しいですよね♪
我が家ではちょっと湯通しして鰹節をかけたり汁に入れたりしますがベーコンと炒めるかぁ~…今度やってみます!!catface

こんにちは。
あはは、挑戦しておられますね。
育ちます!きっぱり!
2度目の収穫はカイワレ風にキャシャなものになります。
三度目はチョッとかわいそうなのが10本くらいでした。(三度も挑戦するかい?)

先日内職のお金でテレビを買ったのですが、実はこの内職、野菜の種を販売しているのですよね~(^-^)
既に3分の一に減ってしまいましたが、いまだに6畳の部屋は種で埋め尽くされています(^^;)
欲しい種がありましたらモンガラファームへ♪

☆ぉソメさん
おひたしにしても美味しそうですね。smile
うちは炒め物ばかりのワンパターンなので、今度試してみます。happy01

☆女社長の…さん
早速やってみました。scissors
こういった情報の交流ができるのも広ブロのいいところですね。
ありがとうございます。happy01

うちも3回挑戦してみます。wink

☆モンガラさん
種の販売って…仕入れから販売までどうやって商売しているのですか?coldsweats02(ネット通販??)

ベランダに土の入ったプランターがゴロゴロ転がってます。
うちの嫁さん色んな種を植えてましたが、なんせ飽き性なもんで、最後まで収穫できたのはプチトマトくらいですかね。(しかも私トマト苦手…sweat01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517420/47549919

この記事へのトラックバック一覧です: 豆苗:

« シート | トップページ | お誕生会(その1) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

jun_928C2C

無料ブログはココログ