最近のトラックバック

« レーパン | トップページ | モデル募集 »

2010年5月10日 (月)

母の日にコソ練

昨日は母の日でしたが、ワタシらは土曜日に広島市内でプレゼントを購入して、そのまま実家へ寄りました。

父は早くに他界し、女で一つで育てた子供二人は出家して、今は実家で一人暮らし。

還暦を過ぎても働く母は、よく体調を崩します。

ちょうどその日(土曜)も、朝から低体温で体がだるく、仕事を休んで家でずっと横になっていたそうです。

母の仕事は、病院の介護福祉。

女性にはキツイ肉体労働です。

もう隠居生活を送ってもいい歳じゃない。

もっと楽なところがあるじゃない。

そう何度言っても、体が動くうちは働き続ける、そう言い続けています。

仕事をやめて、ずっと家に閉じこもっているのも、逆に良くないのかも知れませんが。

自分の体調を考えながら、いつまでも元気でいて欲しいものです。

   

   

さて、話は突然変わります。

昨日は、夕方から少し時間が空いたのでコソ練に行ってきました。

「広→下蒲刈周回→長浜→広」のコースで、軽めの走行。

Img_2179_2

下蒲刈島は車も少なくとても走りやすく、無心でペダルを回す事ができます。

もちろんフロントインナーで、25~28km/hをキープ。

まだ、左足の膝裏(筋?)の辺りが回復していないのので、気を使いながら走ると右膝や腰の辺りに違和感が。( ̄○ ̄;)!

んー、あまりよろしくない。

しっかり左膝の回復を待ったほうがよさそうです。

Img_2181

   

そういえば。

下蒲刈を周回するのは、落車して以来初めてじゃった。

Img_2182

   

確かここだったかな。
(記憶が薄いので違ってたらゴメンなさい)

Img_2183

対向から右折しようと車が急に動き出したのに気付き、
40km/hほどのスピードから思わず急ブレーキ。

前輪ロックでジャックナイフ状態になり、飛んでった場所。

いま思い返せば、ロード初心者が何とも無謀な事したんだと。

   

あれから7ヶ月。

Img_2185

こうして再び走る事ができた事に感謝。

   

「まっすぐ走る」「安全に止まる」

まだまだ、自分が初心者である事を自覚し。

これからも、しっかり基礎練習に励みます。(*^ー゜)b

   

走行時間:1時間27分

走行距離:36.47km

AV:24.9km/h

   

 

広島ブログ   

に
ほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

どちらも一日一回ポチッとしてもらえると嬉しいです。

« レーパン | トップページ | モデル募集 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

ヒルクライムの後のダウンヒルを皆さん跳ばす様ですが、私は怖くていつもブレーキかけて降りてきます。それでも30~40km/hは出ますが、もうそれ以上は無理ですね。
自転車はフルブレーキ=転等ですもんね。
レースなら別でしょうが、公道はやっぱり怖いです。

私はビンディングシューズにしてから一層スピードには注意しています。
こちらのブログを読んだことも影響していますが、自分だけじゃないですもんね。
被害者を作ってしまうかもしれない。
家族を路頭に迷わすかもしれない。。。

大人な乗り方をしたいですね。

下蒲刈は1度しかぐるっとまわったことないな~~(多分)

石畳になっているところなどなど。
また、とびしまに行ってみたくなるな~~。
そして藻塩など買って帰ろうかなと考え中。

介護の仕事は肉体的にも精神的にも辛く、若い人でも
なかなか続けられないのですが、今の世の中でとても
大切な仕事です。
恐らくそれがお母様の生きがいでもあるのでしょう。

私の父は84、母は73になりますが、二人共70を過ぎて
病気や怪我で本当に働けるのが無理になるまで働いて
いました。
父はいかにも昔の男性で、寡黙で無趣味な人なので、
仕事をやめてからはめっきり老いてしまいました。

テレビでは元気な高齢者が活躍している様子が流れて
いますが、現実には、歳をとってから新しい事に挑戦
したり、新たな人間関係を築くのは難しい事です。

お年寄りが元気で過ごすには家族や周囲の人達の助け
が色々な面で必要ですが、核家族化が進んだ現代では
それもなかなか難しいですね。


私は兄を早くに亡くし、両親の悲嘆にくれる姿を目の
当たりにして、親にとっては子供の健康が何よりの宝
なのだと心底実感しました。
奥様や子供さん、そして、お母様の為にも、ご自身の
健康にくれぐれもお気を付け下さい。

やっぱりまだ膝が、(ハムストリング?)が回復していないようですね。私の知り合いにも1ヶ月以上前に膝痛が出て、サイクリングが中止になった人がいます。その間、あまり自転車に乗らず、痛みをとることに専念していたそうです。この日曜日にいきなり25キロのスピードで走って10キロほどで、また膝痛が出たそうです。その人にもアドバイスをしたのですが、いつも以上に風呂上りにストレッチングをして、筋肉の柔軟性を上げるようにしつつ、始めはポダリング程度のスピードで体を温めてから、回転をあげるなり、スピードを上げるなりしないと、体が適応しないよといいました。運動とは、筋肉の破壊と超回復を繰り返すことによって体(筋肉)が、順応していくことです。(オーバーロードの法則)やはり、無理がきてるように感じます。少しの間、インナー縛りをやめられたほうが、よろしいかと。若いころは、高校のころはできてたこともだんだんできなくなります。まずは、気持ちよく走ることから、距離を伸ばすようにされたほうがいいのでは。何か、とりとめのないコメントですいません。

☆KIKUさん
確かにダウンヒルって恐怖を感じますね。
ワタシはよく、通勤途中の下りで急ブレーキの練習などを取り入れています。
咄嗟のフルブレーキで、体が前に乗り上げないように、サドル後方へ腰を引き重心を後ろにかけながら強くブレーキ。sweat01sweat01

体で覚えとくと、いざという時に安全に止まる事ができます。happy01

☆じゅんやさん
そうですね、ビンディングにしてしばらくは、スピードを出さない方がいいと思います。confident
クリートの着脱が無意識のうちに出来るようになるまでは。
(立ちコケにもご注意を。smile

☆まっくろくろすけさん
全国でも珍しい石畳舗装区間。
風情があって良いですが、ロードではちと辛いですね。coldsweats01

機会があれば、ぜひ一緒にとびしまなど走ってみたいです。happy01

☆RRさん
ホント、介護という仕事は大変ですよね。
母の病院は夜勤もあって、仕事の辛さに止めていく人が多いようです。
(母はもう夜勤はやってません)

心配事は色々ありますが。
まー、やりたい事のできるうちは、やらせてあげようと思います。confident

事故の場所、そこで合ってます。
僕はJUNさんのビンディングがパチン、と外れる音まで鮮明に記憶に焼き付いています・・・忘れらりゃあしません。

あの一件以降、安全運転というか、危険回避についてより一層真剣に考えるようになりました。

JUNさんがこうしてロードバイクで再び走れるようになったことに、当事者の一員として胸をなで下ろしている次第です。
また定例コースにチャレンジしましょう。

☆仮面の忍者 赤影 参上さん
少し肉離れっぽい症状が続いてるのでしょうか。wobbly

それなりに歳もとり、回復力も低下しているでしょうし。
いま無理して膝を壊すよりも、無理をしないでしっかりと走れるようになってからの方がよさそうですね。sweat02

ジテツウもしばらく回復走に努める事にしようかと思います。happy01

☆りゅうじさん
あそこで合ってましたか。coldsweats01

りゅうじさんは、後ろからまともに見ちゃいましたからね。
トラウマになってたらゴメンなさい。(*_ _)人

ワタシも復活するまで、どうしていくか色んな事を考えました。

次は絶対に無い。

そのために、まず何からスタートして行くか。
その一つの答えが、今の基礎練だと思っています。

FunRide。

確かに自転車は、楽しんでなんぼですが、それはきちんと安全に走り止まる事の出来る。
それが前提にあるんだと思います。

私は脚力がないしダンシングができないので登りは嫌ですが
下りは自分が制御できないほどのスピードが出るので、これまた嫌いです。
ロードバイクに乗っているのに、下り坂で25km/h超えないようにギアを重くしてブレーキをかけています。
お母様にプレゼントをして、junさん素敵ですね~。

☆beansさん
スピードは抑え気味に走って十分だと思います。confident
咄嗟の状況でも、体が自然と反応できるようになるまでは。

そして、慣れ始めた頃が一番注意すべき時期かと。

お互い、少しずつ頑張っていきましょう。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517420/48322845

この記事へのトラックバック一覧です: 母の日にコソ練:

« レーパン | トップページ | モデル募集 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

jun_928C2C

無料ブログはココログ