最近のトラックバック

« 車載なのだ | トップページ | 帰宅練と防災訓練 »

2010年5月21日 (金)

整いました!

ロードバイクのポジション と掛けましてー。

 

 

 

よりよい街づくりと 解きます。

 

 

 

その心は?

 

 

 

どちらもしせい(姿勢・市政)が大切です。

 

 

実はワタシ、幼少の頃から猫背でして。

ネガティブ少年だったのか、ずっと背中を丸めて歩く癖が。

中学からバレーボールを始め、ますます猫背になり。

この年になって、背骨が完全に曲がってるんじゃないかと。(笑)

 

しかし、ロードバイクに乗るうえで、この猫背はよろしくないんです。

 

以下、教わった内容を覚え書き(自分用)

 

そもそも、ロードバイクはママチャリと比べ、かなりの前傾姿勢で走るわけなので、その姿勢を保つだけでも様々な筋肉を使います。

その状態で、何キロもの道のりを走るわけですから、正しいフォームじゃないと、腰や膝、肩、足など様々なところに負担がかかります。

ロードバイクのポジションは。

フレームの大きさはもちろんの事。(スポーツバイクを購入する際は、必ず自分の体格に合わせたフレームサイズを購入してくださいね!)

サドルの高さや前後位置、ハンドル高とステム長さなどを調整して、ポジションを決定します。

プロは、ミリ単位で調整するくらいシビア。

なので背筋をしっかり伸ばし、正しいフォームで、正しいポジションを出す事が大切なのです。

 

それから、もう一つ。

 

背中が丸まっていると、肺を押しつぶした状態になるため、しっかりとした肺呼吸が出来ません。

ラジオ体操で深呼吸をする時、両手を上に上げ、左右に開く動作をしますよね。

これは、しっかりと肺を開いた状態で空気を取り込む意味があります。

しっかりと呼吸が出来てない状態で走行中すると、体への負担はかなりのものになります。

 

間違ったポジションやフォームでいくらペダルを回しても、遠回りなだけでなかなか上達しません。

正しいフォーム、そして綺麗なペダリングを行う事。

長距離を速く走るために必要な基礎スキルです。

これを習得するには、最低1年はかかるとか。(距離や走行時間にもよります)

 

しっかり背筋を伸ばそう。>オレ

「トゥーッス!」

 

広島ブログ   

に
ほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

どちらも一日一回ポチッとしてもらえると嬉しいです。

« 車載なのだ | トップページ | 帰宅練と防災訓練 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

運転姿勢は難しいです。 たまに町の窓ガラスなどに映った自分をを見てガッカリする時があります。 気が付くと腕で体重を支えて背中がえびぞっています。
もっと骨盤を立てて前傾姿勢になりたいのですが、気が付くと骨盤が寝て背中がえびぞっています・・・・

JUNさん、おはようございます。
Twitterの「choru_fp3」は私です。
スゴイ「整って」ますね。ウマい。ポジション、姿勢はロードバイクでは本当に重要ですね。今回のポジション変更はバッチリだと思っても、翌週には違和感が出てくることが多々あります。

そうポジションは、大切ですね。私もたまに、ガラスの自分の姿を見ます。乗れば乗るほど、ポジションは変わります。何歳であろうと。慣れれば慣れるほど低く遠くになりますね。今年と、来年、夏と冬、乗り込んだときとそうでないとき。これと決まったポジションは、ありません。今のポジションが、ベストなんて思わず、どんどん突き詰めていきましょう。でもポジションだけが、大事でもない。一流選手でも変なポジションで走っていますよ。ツールドフランスなどに出てくる自転車を見たらいいと思います。要は、自分が楽しく気持ちよく走れるポジションがベストポジションなのかなーと思います。

お見事!!

なかなかこの意味が分る人以内のかもしれませんね。

分るのはフィティングを受けた人だけ。
さらに猫背である人は必ず指摘されること!!

おいらも猫背でかなり苦しめられています。

でもこれ本当なのです。
ちょっと前2回目のフィティングで
自分のしてきたことが50%出来ていて50%出来ていない
出来ていないことはこの姿勢。

姿勢がよいと呼吸が楽になることが最近本当の意味で理解できました。
ということで回しても息が今までよりも上がりにくく足のほうが疲れてついてきません。

お互いに頑張りましょう。
ちなみにフィティング後また巡航速度が上がったように思います。
でも気を抜くとダメなので意識してですね。
この巡航速度を持続させるペダリング練習を主にジテツウでやっております。
ポチ☆

あ!そうそう猫背だから去勢できている時分りやすいです。
できていない時は猫背になっているから自分でも分りやすいと思いますよ。
そらすのではなくごく自然にお〇ぎですね。!!
このおかげでどんなに追い込んで負荷をかけた走りをしても尿道などの痛みが全くなくなりました。
以前は30分間高負荷をかけて走ると尿道などしびれていましたからね!!

☆KIKUさん
ロードはハンドルポジションが基本3点あり、体の負担を軽減するといいますが、クロスで100km超えは大変ですよね。sweat01

それれなのに、獲得標高3500m+200kmは凄いっ!o(*^▽^*)o

☆サカイさん
コメントありがとうございます。happy01
twitterはプロフィールを見て、すぐ分かりましたよ。
(リフォローしときますた)

ワタシは最近、ポジションを変え、フォームの確認をしながらポタポタ練習中です。(膝裏の療養も兼ねて)

夫婦サイクリスト、うらやましい限りですよ。heart04
まだお会いした事はありませんが、機会があれば是非一緒に走りたいですね。happy01

☆仮面の忍者 赤影参上さん
サドルの位置は基本変わりませんが、上達して行くにつれ、ハンドル位置は低く遠くなる教わりました。

一流選手で言うと、パンターニも独特で面白いですね。happy01

☆まっくろくろすけさん
そうでしたか、お互い猫背で苦労しますね。coldsweats01
誰かに教えを請う事は、大切な事なんだと実感しました。

まだペダリングの基礎から練習してる途中ですが、ワタシも坂道で同じ速度でも息があがらなくなりました。good

まっくろくろすけさんのように、イベントに出場できるよう、これからもっと頑張ります。happy01

☆まっくろくろすけさん
上体を二つの筋肉で支えるのがミソ。
ですよね。smile

尿道のしびれですか。
んーあまり経験した事ない(そもそも高負荷トレーニングの経験が無いsweat01)ですが、フォームの改善でかなり効果があるのですね。happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517420/48412891

この記事へのトラックバック一覧です: 整いました!:

« 車載なのだ | トップページ | 帰宅練と防災訓練 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

jun_928C2C

無料ブログはココログ