最近のトラックバック

« 公園デビューと… | トップページ | メガネと、走行記録 »

2010年5月31日 (月)

ケイデンス

ワタシのサイコンには、ケイデンス機能がありません。

そもそも今のは、こなき師匠にお借りしている品で、えぇかげん買わんといけんと思い…。

思いつつも…。

今日まで来てしまってるのですが。(;;;´Д`)ゝ
(スイマセーン。>師匠)

最近、膝裏の痛みもだいぶ軽減し、再び通勤でインナー縛りのクルクルペダリングを取り入れています。

たまに、インナーロー(一番軽いギア)で練習。

といっても、一部の区間のみ。

ずっと、ローで走ったら遅刻しちゃいますwww

   

補足ですが、ケイデンスとはペダルの回転数を意味します。

単位は「回/分」で、1分間に何回ペダルが回っているかを表記。

車やバイクでいうところの、タコメーターです。

最近はオートマティック車が主流ですが、ミッションを乗られた事のある方なら分かると思います。

発進時はローにギアを入れ、スピードが加速するにつれ、セカンド→サード→トップ→オーバートップへ、シフトアップしていきますよね。

ローの状態でアクセル踏みっぱなしにしても、タコメーターが振り切れ、それ以上スピードは出ませんし。

オーバートップへ入れた状態で、スタートすれば重くて走りません。

軽いギアからスタートし、徐々に重いギアに入れる事で車は加速していきます。

変速機のある自転車も、基本的に同じ原理なんです。

タコメーターはエンジンの回転数を示しますが、ケイデンスはペダルの回転数を示しています。

車の燃費は、ある一定のスピード(=エンジンの回転数)で走れば良くなります。

これは自転車にも当てはまる事なんです。

自転車も、重いギアでペダルを漕いだり、軽すぎるギアで回せば当然燃費が悪くなり、途中で足が切れペダルが回せなくなります。

ロードバイクは、最適な回転数でペダルを回す事により、長時間でも疲れを最小限に抑え走ることが出来ます。

駆動させるための機能(エンジンと体)が違うだけで、二つとも同じ事なんですね。

   

そこで、問題デス。

自転車のギアは何のために付いているのでしょうか?

ここ重要です。

テストに出まーすwww

   

何だと思います?

ワタシは、聞かれたとき「楽に走るため!」と答えました。

 

× ブー!!!

 

正解は。

   

常に一定の回転数でペダルを回すため。

   

一般的に、効率的なケイデンスは90回/分と言われています。

1分間に90回ペダルを回すという事は。

1秒でペダルが1.5回転するという事。

この回転数(ケイデンス)を一定に保つ事が重要になります。

但し、90回/分はあくまで一般的、個人差はあります。

 

あ、間違っていたらドンドン指摘してくださいね。

   

また、踏み込みと引き足の力をうまく利用し、ロスの無いペダル回しを「ペダルスキル」と表現しますが。

これは、綺麗にペダルが回せていないと出来ません。

では、その判断材料として。

足に加重がかからない状態(無負荷状態)で、ペダルを回してみましょう。

うまく回せます?(ワタシにはまだ無理デス)

ペダルを高速回転したとき、お尻がビョーンビョーンって上下運動しちゃいません?

それは、足が綺麗な円運動になっておらず、ペダルにかけるべきエネルギーが他所へ逃げてしまっている事が言えます。

一定の回転数で、綺麗にペダルを回す事。

長距離を楽に走るために必要な基礎スキルです。

道路は平坦な道だけではなく、アップダウンがあります。

一定のケイデンスを保つためには、細かなシフトチェンジが必要になり、その間も様々な道路状況を把握しながら走らないといけません。

ゆえに意識しなくても、自然とペダルが回せるようになる事が大切なんですね。

とにかく最初は、速く走る必要はありません。

間違ったペダルスキルで、いくらスピードを出したところで長くは持ちません。

長距離になればなるほど、顕著にその違いが表れます。

ある選手は、2年間もの間インナーローでひたすら基礎を練習し続けたそうです。

こうした練習を積み重ねる事で脚力も付いてきますので、長い目で見ればレベルアップし当然スピードも上がっていきます。

ワタシのブログで、ペダルスキルという言葉をよく使いますが、この事を意味しています。

コソ練で、インナー縛りとか言いますが。

その意味、分かって頂けました?

   

あれ、えらい長文になりましたね…。

はい。

実は。

ここまでが補足なんです。Σ(;・∀・)

   

で、こっからが本題。

ワタシの場合、インナーローで走ると、せいぜい18km/hくらいしかスピードがキープ出来ません。(これ以上のケイデンスキープは難しいです)

しかし、ケイデンス計が無いため、どのくらいの回転数かよく分からない。

じゃあ、自分で計算しちゃえって事で、以下の計算式で求めちゃいます。

   

・インナーローで、ケイデンス90回/分で走ったときのスピード

34T(フロント)÷25T(リア)=1.36(ギア比)

ちなみに、34Tとか、25Tというのはギアに付いてるギザギザの歯の数。

「34ティー」って読むのですが、tooth(歯)の頭文字から「T」と付くようです。

で、計算の続き…。

1.36(ギア比)×209(タイヤ周長:cm)÷100÷1000×90(ケイデンス:回/分)÷60(分)

=15.3km/h

つまり、インナーローでケイデンスは90回/分になるのは15.3km/h。

同様に計算すると、

100回/分=17.1km/h

110回/分=18.8km/h

120回/分=20.5km/h


ワタシは、インナーローで18km/hくらいなので、105回/分くらいのケイデンスのようです。

こうして見ると、20km/h巡行はやっぱキツイなー。

けど、足に加重がかからなくても、ペダルが回せるようになるのが重要なので。

高回転でも上体が安定出来るようになると、ある程度ペダルスキルが身に付いた証になるのかしら?

(どうなんでしょ?偉い人教えてー)

   

本題より、補足の方が長くなっちゃいました。

つーか、自分用に書いた記事なので、興味のない方はポチッとだけお願いして、そのままスルーしてくださいね。(今更言うなっつうの!!??)

 

広島ブログ   

に
ほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

どちらも一日一回ポチッとしてもらえると嬉しいです。

« 公園デビューと… | トップページ | メガネと、走行記録 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

難しくて良くわかりませんが、90回/分がいいのですね(^-^)
オークアリーナで感じて実際チャリで試して見ます(^-^) 

実際に走ってみると、90回転程度で走れるギアなら重く感じず、
足の疲れも少ないですよね。
なので「楽に走る為」と言うのもあながち間違いではないかと。
カロリー消費効率もその辺りが一番良いとか何とか。
私は山登りが多いので90回転出す事は少ないですが。

私もケイデンスを計れるサイコンを持っていませんが、クロスバイクだしレース出るわけじゃないからいいかなぁ~と思っていましたが、最近なんとなく欲しくなってきました。
知人からもなんだか勧められますが、どうも自己管理がとても楽なようですね。ポチ☆

力作、楽しく読ませてもらいました。
最近は、私よりもJUNさんの方がクルクル走行にはまってる
感じがしますね。目標は200回転!かな?

また機会あればクルクル走りに行きましょう!

☆モンガラさん
鼻歌気分で走れるくらいの軽いギアで長い時間クルクル回すと、効率よく脂肪が燃焼されるようですよ。happy01

是非、お試しあれー。(*^ー゚)b

☆RRさん
確かに、広い意味では間違ってないのですが。
ロードバイク本来の目的である、長距離を速く走る意味で考えれば、変速機の役目は一定のケイデンスになるのでしょうね。coldsweats01

☆KIKUさん
HRMは必要ないけれど、ケイデンスはあった方が良い(むしろ最低限必要)とアドバイスされました。

ギア比とスピードで計算出来ますが、やっぱめんどくさいですしね。coldsweats01

☆Hideさん
力作だなんておこがましい。sweat01
教えてもらった事を、防忘録として記録に残してるだけですから。coldsweats01

しかし、こうして何かしらの目標や意識を持って走ると、ジテツウであっという間に会社に到着してしまいます。sweat02
やっぱ長い距離を走らないとダメですね…。

6月は基礎練なくて残念です。
なので、次回は100kmオーバー目指してクルクル走りに行きましょう。happy01

おいらもその昔、高回転命でした。
無心に回していませんでしたがペダリングスキルも姿勢もなっていなかったのでとんでもなく疲れました。
ここ最近はあまり回転数を気にせず言われたことを重視しながらやっていたら120rpmでも問題なく回せるようになりましたし持続もさせることは難しくないですが30分ずーっとしろって言われたら??ですがw

アドバイスされたことを信じてやっていれば大丈夫だと思いますよ!!

おいらは4-8時と引き足とモモ上げですね~。
これをもっともっと磨いてみます。w
ポチ☆

ワシは早く回せんので80前後ですわ。

ワシのサイコン、ケイデンス取れるよ。ワイヤー式じゃけれど。
最近ケイデンスは拘らなくなったので、交換してみる?

>「34ティー」って読むのですが、tooth(歯)の頭文字から「T」と付くようです。
ソコ、ちょっと知ったかぶりしてもええ?
確かに「T(ティー)」なんじゃが、言葉しとて喋るときには「丁(ちょう)」と発音する人が多いんじゃわ。
アルファベットの[T]と漢字の[丁]が似ているのが起源なんじゃけれど、34丁とか25丁って言うのが古くからのロード乗りには多いんじゃわ。
一応、覚えといて損ないから書いときます。

説明わかりやすかったです☆
質問の答えを「速く走るため!」って思っている時点でダメなんですけどね~(*^m^)
ちょうど、鼻歌クルクル練をしている所なので、
具体的に感じることができました。
鼻歌練は心肺機能アップにつながると、勝手に思っているんですけどね~。
ミュージカルの人とかは腹筋しながら歌ったり発声練習してるからそう思うんですけど・・・。
結構キツイです。

☆まっくろくろすけさん
120で回せるなんて、凄いですね!!happy02

ワタシもいつか出来るようになるのでしょうか。
そのためにも、今はしっかり基礎練習あるのみですね。coldsweats01

今はまだ、姿勢(猫背矯正)とクルクルペダリングで精一杯ですが。
無意識に回せるようになったら、4-8時に意識を持ってステップアップしてみようと思います。happy01

☆こなき師匠
いやいや、さすがに次は自分で購入します。sweat01 >サイコン

「丁(ちょう)」ですか、知りませんでした。
なんか豆腐みたいですね。happy01

☆ちあきぃさん
ワタシも「楽に走る」もしくは「速く走る」と思いましたが、両方とも結果であって、変速機の目的では無いんですよね。confident

鼻歌クルクル練くらいの負荷がちょうど良いのかと思います。note

けど、クルクル回しながら鼻歌って、実際キツイですね…。wobbly

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517420/48481418

この記事へのトラックバック一覧です: ケイデンス:

« 公園デビューと… | トップページ | メガネと、走行記録 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

jun_928C2C

無料ブログはココログ