最近のトラックバック

« オレンジライド レポ1 | トップページ | オレンジライド レポ3 »

2010年12月 7日 (火)

オレンジライド レポ2

90kmコースの出走が終え、会場の賑いも少し落ち着いてきました。

   

何処かでチューブが売ってないか、スポーツDEPOの方に聞いてみたところ、どうも無さそう。(´・ω・`)

とりあえず、タイヤの空気圧はそれなりに入っているので、そのまま走っても何とか持ちそうデス。

一応、穴の空いた新品チューブにパッチを貼り予備として携帯。

40kmの最後尾を担当するので何かあっても。

すぐ後ろは回収車www

まぁ、大丈夫でしょう。( ̄▽ ̄)

   

少しお腹も空いてきたので、出店を散策。

Img_2887

   

団長も来てました。

Img_2900

くるぱんさんのカメラで、一緒に写真撮ってもらいましたよ~♪

   

岡村島にあるピンク屋台のお店も、こちらへ出張して来てました。

Img_2901

ワタシも、サザエの壷焼きとアナゴの照焼きを賞味。

Img_2902

んーウマイ。 ヽ(*≧ε≦*)φ

こちらのサザエは、大きくて肉厚なので是非食べてみてください。(◎´∀`)ノ

   

そうこうしていると、40kmコースの開会式が。

Img_2906

ぼちぼち、サポートライダーも準備です。

   

左がいけぴーさん、右が組長さん。

Img_2904

いけぴーさんが、40kmコースの先頭を走ります。

ワタシは組長さんと一緒に、最後尾を走ることになってます。

Img_2909

   

10:30  40kmコースのスタートです。

Img_2911

ロードバイクの集団とは、ちょっと違った雰囲気でしょ。

   

まずは、豊島大橋へ向かう少し長い坂を登ります。

エッチラオッチラ。

ここで早くも、MTBに乗った女性から、「もうしんどい~」「歩きたい~」と悲鳴のような声が。

いきなりこの坂は、ちょっとキツイですよね~。

といっても、スタートしたばかりなんですが…。(;´▽`A``

てか、その女性、旦那から変速のやり方を教わっています。

そこ捻ってみろ、ペダルが軽くなるじゃろ。

って。

いやそれは。

事前に練習しておくべき事では…。( ̄Д ̄;;

   

まさか…。

   

ぶっつけ本番で挑んでるので??

   

隣の男性も、

「広から自走で来たんで、もうしんどいです~」って。

えぇっ!?

   

ママチャリで広から自走ですか…。( ̄Д ̄;;

ワタシもはるか昔、折りたたみ自転車で安芸灘大橋を目指した事がありますが、あまりにもの辛さに橋手前のコンビニで引き返しましたよ。

それは凄い事なんですけど、スタート直後でバテるくらいなら…。

 

とまぁ、ここ40kmコースの最後尾では、色んな驚きがありました。

が、皆さん楽しみながら走ってますよ。o(*^▽^*)o

ワタシも、しっかり応援。

「頑張って、もう少しです。」

「(坂は)あそこまでですから~。」

と声をかけながら、最初の登りをクリアし豊島大橋のトンネルへ。

   

トンネルを抜けたところで、折り返して来た90kmコースの先頭集団と遭遇。

Img_2912

30人くらいの集団だったでしょうか。

勾配のある道を団子状態になって、ぶっ飛ばして行きました。

この人達って一体…。( ̄◆ ̄;)

   

さて、豊島大橋。

Img_2914

ここからの景色は最高なんです。ヽ(´▽`)/

とびしまで一番好きな場所です。

   

橋を下り、豊島を時計回りに走ると…。

今回のコース最大の難関が待ち受けています。

Img_2915

10%を軽く超える激坂。

ここをママチャリが走ります。(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

ロードだって、結構しんどい勾配ですよ。

はるか向こうに道が見えるので、心も折れやすい…。

   

後ろについて走っていると、5km/hとか…。( ̄◆ ̄;)

こっちが立ちゴケしそうなスピードです。

「ヤー」とか「キャー」とか。

再び悲鳴のような声が聞こえてきます。

しかし、ここで無理に頑張りすぎると、足が攣って走れなくなる恐れがありますから。

歩いた方がいいですよ。

と、バイクから降りることを勧めます。

   

「もう帰りたいー」

(マジ?)

「心臓が、一個破れたー。」

(何個あるんだ…?)

「この道、帰りも走るんですか?」

(走りません。もし走るとしても下りになる筈です)

「もう40km走った気分です」

(いやぁ、まだ数キロなんですょ…)

    

皆さん必死なのは分かってて、ホント失礼なんですが。

冷静に聞くいてると突っ込みどころ満載で。

ホント面白いんです。

ちょっとした地獄絵図なんですよ。( ´艸`)プププ

   

登りきったところで、道路わきに座っている男性を発見。

両足が痙攣しました…。」

「大丈夫ですか?まだ走れそうですか?」

「ちょっと休憩したら大丈夫かもしれません。様子を見てみます。」

「それよりも…。」

「飲み物をいただけませんか?」

って…。

   

えぇぇぇ!!??ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

   

補給水無しで走ろうとしてたの?

   

あ、あんたぁ…。∑(゚∇゚|||)

   

40kmという距離を舐めてませんか…。

   

とりあえず、ボトルのポカリを差し上げ、無理せず頑張ってくださいと伝え先を向かいます。

ホント、いろんな人がいます。( ̄Д ̄;;

知らないってコワイ…。

全員がゴールできるのか、不安になってきました。

   

ここから大崎下島をグルッと周回。

15km/h~18km/hくらいのペースで走りますが。

このスピードって、ロードには結構しんどいです…。つД`)

ギアは、ほぼインナーローですよ。

けど、道中は色んな方とお話する事ができ楽しかったです。(o^-^o)

電動アシストで参加された女性もいましたよ。

「40kmもバッテリー持つのですか?」と聞いたら、平地はさすがに電源をオフにしていますと。

なら、平地は重くて結構大変なのでは?

けど、ワタシも母親のを使った事があるんですが、電動アシストってずいぶんと楽なんですよ。

なんて話しながらの、超ポタライドです。

   

向こうに見える橋は、広島県と愛媛県の県境。

Img_2918

90kmコースは愛媛県の岡村島を周回しますが、40kmコースはショートカットです。

   

御手洗を過ぎると、その先はアゲインストな風。

Img_2921

結構キツイですねぇ。

   

色んな方と話をしたり、励ましたりしながら。

12:15   エイドステーション(20km地点)に到着しました。

Img_2923

こちらでは、カキの味噌汁…。

Img_2925

の筈でしたが。

カキは早々に売り切れており、

ネギのかかったタダの汁になってました。

Img_2926

まぁ、カキフライしか食べれない私には、全く問題ありません。( ̄▽ ̄)

   

他にも、みかんジュース。

Img_2928

大長みかん、ミネラルウォーター、グリコのキャラメルなどが。

   

べ放題。ヽ(´▽`)/

   

スポンサーによって予算も全然違いますから、エイドの食料も変わってくるみたいですね。

Img_2929

出雲の方は手作り感あって、あれはあれで良いのですが、食料は1人1つまで、ドリンクはコップ一杯だけというのがちと辛かったです。

こちらでは、ボトルで頂けるのも助かりました。

   

少し休憩し、人もだいぶ出払ってきたところで出発。

前に走ってるのは、お父さんと子供の二人連れで参加された家族。

Img_2930

小学生のお子さん、よく頑張ってました。(o^-^o)

   

ここからアゲインストの風で、かなり集団がばらけ差が出た模様。

そこそこ走れる人は前へ。

走れない方はどんどんスピードが落ち…。

ワタシもさすがに、平地を15km/h以下では辛いので、これ以上遅く走るわけにもいかず。

しばらく一人旅…。(´・ω・`)

Img_2931

追いかけようか待ってようか。

あまりにも暇なので、ケイデンス練習をしてみたり。

Img_2932

けど直ぐ飽きる。

   

最後の豊島大橋の真下に来たところで、しばらくバイクを降りて休憩&写真撮影。

Img_2934

何人かの集団が追い付き、走り去って行ったので後を追いかけます。

   

豊島大橋へ向かう最後の登坂。

Img_2935

ここを頑張れば、後はゴールまで平地と下りばかりです。

皆さん頑張って~。ヽ(´▽`)/

Img_2936

   

豊島大橋の絶景撮影ポイントです。

Img_2937

左車線の一角に金網が外してあり、撮影可能なんです。

車じゃ、なかなか止まれませんしね。

   

最後のトンネルを抜けますが。

ここのトンネル内、行きは歩道でしたが、帰りは車道を走りました。

後ろからやって来る車がコワイと、トンネルの途中で止まっていた方がいました。

んー確かに側道が狭いのでちょっとコワイですよね。

Img_2938_2

ワタシらも普段なら歩道に入ります。

こういった場所はは、90kmと40kmでルートを分けた方が良いかもしれませんね。

   

そして最後は栄光の。

Img_2939

   

ゴールゲート。

Img_2940_2

皆さん、お疲れ様でした~。(◎´∀`)ノ

   

ご褒美は、肉じゃがカレー。

Img_2942

肉じゃがは呉発祥ですゾ。

   

それと、ノンアルコールビール。

Img_2943

なぜビール??( ̄Д ̄;;

お茶とか、ジュースで良かったんじゃね?

しかも、冷えてないし…。ヾ(;□;)э

   

その後、スタッフルームで、一緒に40kmコースを走った団長がMANIメンバーと楽しく会話をしていました。

Img_2944

結構、フレンドリーな方でしたね。

「あんなゲ○ト」なんて言って、スイマセン。

今回で好きになりました。(;´▽`A``

   

大きな事故やトラブルもなく、無事にサポートを終える事が出来ました。

大会運営スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

MANIメンバーの方々、ありがとうございました。(o^-^o)

   

最初は色々と心配していましたが、第1回のイベントとしては、本当に大盛況だったのではないでしょうか。

実際に参加された方、いかがだったでしょうか。

ワタシは、サポートという立場で参加して、楽しかったり、勉強になったり、良い経験になったり。

ホント充実した1日でした。

90kmコースは、どうだったでしょう。

細うどん食べたかったなぁ(笑)。

今回の成功で第2回、第3回と続き、とびしま海道の一大イベントになるといいですね。♪(o ̄∇ ̄)/

         

広島ブログ   

に 
ほんブログ村 自転車ブログロードバイクへ

どちらも一日一回ポチッとしてもらえると嬉しいです。

    

« オレンジライド レポ1 | トップページ | オレンジライド レポ3 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

オレンジライド、最終の伴走お疲れさまでした。
それにしても色んな方がいらっしゃいますね~笑
そのサポート役をするんだから、これまた大変かつ
思い出深いものになったのではないでしょうか?

天候も良かったようで何よりです。
写真を見てると改めて、自転車の良さや
瀬戸内の島の綺麗な事に気づかされました。

来年は僕もサポートに回ろうかしら・・・
その地獄絵図、ちょっと見てみたかったかも。

お疲れ様でした。
40kmという距離、皆さん簡単に走れると思っておられるみたいですね。
出雲路でも最後方はなかなかの状況でしたからママチャリが絡むと想像を越える出来事が起こるんですね。
ある意味チャレンジャーですよね。

 お疲れさまでした~☆素晴らしい自然の溢れる、とびしまを、かくも盛大なイベントの中を走ることが出来て、すごく楽しかったです。
 私は、90kmの最後を走る親子さんと一緒に走らせて頂いたけれど、その間交通整理の方、「→」のプレートを持っておられた方など、待ちくたびれた様子など、微塵もみせず、アツい声援を送っておられました。
 実行委員会、地元の方、スタッフの方、参加者の方の協力があって成功したんだろうと思います。第一回とは思えないくらい、配慮の行き届いたイベントであったと思います。
 来年も是非参加してみたいって思いました。

もう40km走った気分
は笑いました(^-^)
その大げさな言い方よく使ってたなぁ~(^-^)
JUNさんには色々災難があったんですね。゜゜(´□`。)°゜。
無事乗り越えゴールお疲れ様でした(^-^)
天気が良くて何よりでしたね~。

私何時位に出発したか分かりますか?
大体で良いので教えてください。
私の感覚では9:50頃かな~?
さて90kmコースに参加!談笑してたらスタートの方からマイクで:90kmコースの方はみんな出られましたね!
ちょっと焦りながら出発。
話が尻切れトンボみたいな感じで…

でゴールは13:30到着なのでかなりの方の様子を見ながら走れたと思います。

最初からあのキツイ坂は可哀想です。

90kmコースの方も押して上がっていました。
前途多難な幕開けでコースのイメージのない方からの無言の悲しい悲鳴を感じました。
キツイ所は12%ありその勾配が約100m続きましたでしょうかね。

パンクしている人も多かった!
何故でしょうね?

今まで岡村島は岡村港でUターンしてましたので1周は新鮮でした。
路面のことだけを言うのであれば、蒲刈島の石畳は危険でしょうね。
イベント的には、雨も想定しなければなりません。石畳はへますると滑る=落車になりやすいかもと気になりました。
サポート、地元の歓声、ボランティア、大会関係者の努力&配慮も行き届いていたと思います。
ありがとうございました。
天気に恵まれたことも追い風になったと思います。

そして、この時期の開催も追い風ですべてが追い風になって無事故?で大会終了出来たのではないですかね。

90km一番きつかったのはゴール手前の6km 心折られそうな向かい風でした。

という感じて90kmコースを楽し、苦しで周回しました。

なごーかいてしもーてゴメンねw

最近、一般の自転車を間近で見ることが多いのですが、自転車に乗っていながら自転車に無関心な方が多いように思われます。
スポーツ車に乗っている方でも、同じように感じることがあります。
せっかくいい自転車なのに、なんでこんなに汚れたまま乗っているの? とか、空気圧が下がったまま乗っていて、チューブがタイヤの中でひん曲がっていたり。
12年乗っていると自慢している自転車がわたしが24年乗っているものよりずっと傷んで見えたり。

イベントでトラブルを起こすことが多いのも、自転車に対する無関心によることもあると思います。
せっかく良いイベント開催されたのですから、関心を持って参加された方には、これに懲りずに、これからより良いサイクルライフを始めていただきたいと思います。

お疲れさまでした~
JUNさんの突っ込みに思わずふきだしちゃいましたよ。
団長! 私も一度共演させていただきました。どんなに笑わせようとしても笑ってはいない役で辛かったです。(無茶笑いたいのに)景色もいいですね。40kmに90km?凄い。

☆kanさん
そうですね、色んな方がいました。coldsweats01
まだまだ、自転車がスポーツとして認知されていないのでしょうね。

しかし、そういうのも含め色んな事が勉強になりましたし、一般の方と走るのも楽しかったです。happy01
サポートライダーという立場でないと、経験できない事だと思いました。up

kanさんも来年あたりいかがですか?
しっかりサポートしますので。smile

☆りゅうじさん
大会のサポートって、なかなか経験する事はないと思います。confident
ぜひぜひ、立ちゴケギリギリのスピードで坂道を登ってみてください。upup

☆ぱぱにいさん
出雲と比べると、遥かにゆるいコース設計ですが、実は90kmのエントリーでママチャリもいたんです。coldsweats02

一部の坂道がキツイだけで、他はほとんど平地でしたから、頑張れば、ワタシでもママチャリで完走できるかもしれません。good

まぁ、絶対しませんけど…。coldsweats01

☆アカシロさん
まだ何も聞かされていない時は、不安で仕方ありませんでしたが。
運営マニュアルを読むと、標識や交通整理に関しても、かなり細かい指示が書いてありましたね。confident
安全や運営面で、かなり配慮された内容だったと思います。up

最終ライダーのサポート。
90km走り終えてから、すぐにまた追いかけてと…。bicycledash
本当にお疲れ様でした。coldsweats01

完走できた親子の方も、きっと一生の思い出になったでしょうね。good

☆モンガラさん
いやー、ホント楽しかったです。happy01

けど、あそこの坂は、本当にしんどいと思います。sweat01
例えるなら、清水ヶ丘の三叉路から、宮原水源地の頂上に向けて上がるルート?
距離は2~3倍くらいあるかなぁ。sweat01sweat01

12月にしてはホント奇跡的な気温でした。sun
正直、寒さとの戦いを予想していましたから。
次回はもう少し暖かい季節にやった方がいいと思いますね。happy01

☆まっくろくろすけさん
スタート時刻ですか。
うーん、よく覚えていませんが。sweat02

まっくろくろすけさんがスタートした後、最初に撮った写真が団長なんですが、この撮影時刻が9時56分。
ほぼ9時50分あたりだと思います。coldsweats01

ツイッターでも話題になってましたが、パンクが多かったのはナゼだったのでしょう。
とびしまでパンク、あまり聞かないし経験も無いです。think

石畳は、あのバヴェではないですが、ロードでは普通に走っるにはかなりしんどいです。down
手前に迂回路があるのですが、わざわざ石畳をコースに入れたのには、何かしらの意味があったのでしょうか。
それか、登坂になるので、迂回路はコースから避けたとか。
うーん、どうなんでしょうね。sweat02

あ、ちなみにワタシは蒲刈大橋を渡る時、必ず石畳を走ります。
もちろん登坂を避けるためデスw

どちらにせよ、大盛況で終えてホント良かったです。happy01
きっと、次の大会では細かいところを改善してくれると思います。
来年も期待しています。happy02

☆White Noiseさん
確かに自転車に関して無関心な方が多いですね。confident

けど、その多くの方は、それを「知らない」だけなんだと思います。

これは、売り手にも問題もあると私は思っています。
かつて私は、470mmのクロスをショップに勧められ購入しました。
今のロードは550mmです。
この違い…お分かりですよね。

もちろんロードを購入したのは、クロスとは違うショップです。

近年のブームで、ロードバイクが飛ぶように売れます。
しかし、そこはスタート地点であって、それからが重要なんだと思います。
自転車を続けていけるかどうかは、自分の意思以上に、周りの環境が重要ではないかと私は考えています。

私はオレンジライドで、一般の方と一緒に走ってみて。
こうしたイベントをきっかけに、ロードバイクに興味を持つ人に対して、良き見本になれるよう自分がどうすればよいか。
何をどう伝えたら良いか。

考える良いきっかけになったと思いました。confident

☆柿辰丸さん
突っ込みは、ネタに使っちゃいましたが、本当に皆さんとは一緒に楽しく走ることができました。happy01

団長は前日に沖縄にいたそうで、広島まで飛んで来てくれたそうです。airplane
司会進行で忙しい中、合間をぬってブースにも顔を出し、サザエ飯や穴子なども買ってました。
記念撮影にも快く対応してくれて、ホントいい人でした。happy01

伴走スタッフご苦労様でした。
私も伴走でした。妻の(笑)。
広町.com自転車部のみなさんにはチョクチョクお会いしましたが、JUNさんにはお会いできませんでしたね。
また、お会いしましょう。
天気も良く良い大会でした。

☆シゴン・ナランさん
今回は、ぜひ奥様にご挨拶をと思っていたのですが、あれだけの人数、見送る事すら出来ませでした。wobbly

90kmを完走した、奥様の感想はいかがだったでしょうか?happy01
夫婦で趣味を共有できるってうらやましいですね。

次は出雲…いや石見?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/517420/50221593

この記事へのトラックバック一覧です: オレンジライド レポ2:

« オレンジライド レポ1 | トップページ | オレンジライド レポ3 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

jun_928C2C

無料ブログはココログ